男の人

ベランダに巣をつくる鳩を駆除しよう|対策が二次被害を防ぐ

イヤなノミを退治しよう

蚤

ノミに噛まれてしまうと、腕や脚などに赤い湿疹が発生することがあります。ペットを飼っているご家庭は特に注意が必要ですが、ノミが発生した場合には自宅で簡単にノミ駆除ができるので安心してください。また、そのような自体にならないように、ノミの侵入を防ぎましょう。

被害への対策

ハクビシン

これまでの鳩被害について

鳩の駆除グッズなどや様々な対策方法などが言われてきましたが、実際はどれも確かなものは確立はできていないようです。例えば、いらなくなったCDやDVDをひもでくくり、物干し竿に干しておく方法が一時流行した事もありました。実際は臆する事なく、いつの間にか普通にいる事もしばしばだったと思います。この方法は光の反射などを利用して鳩を怖がらして追い払うという方法ですが、殆ど効果はありませんでした。このように様々な言われがありますが、いまいち確かな方法はない状況です。

これからの対応方法について

前段で申し上げたように、対策方法についてはどれも確か方法はなく、やきもきしている方は多いのではないでしょうか。相手も生き物であり、絶対というものはないという事を前提にしなければならないと思われます。まずはその事を踏まえ、どのような所に集まってきているのか考えると、人がいない安全なベランダなどに集中する事が多いと思います。都会の街中の鳩は餌目的としており、ある程度は人に慣れている為、人が大勢いても集まってくる事もあります。ベランダなどに集まってくるものに関しては、まずは「ここで休んでいると安全ではない」と思わせる事が大切です。簡単ですぐにできる事は糞や抜けた羽があればすぐに掃除してしまう事です。そうする事で前回来た時は違うと認識される事ができます。一概に対策といってもこのように様々な方法があります。健康被害も気になる部分であり、しかし相手も生き物という事を忘れず共存できるようにこれからは工夫が必要になってくると思われます。また、手っ取り早い対策方法が鳩の駆除を専門的に行なっている業者に依頼をすることです。専門業者であれば鳩の生態に詳しく、何が苦手だとかを把握しているため確実に対策することができるでしょう。また、鳩だけではなく私たちの生活を脅かす存在にアライグマも存在します。アライグマは全国に出現するわけではなく地域によって異なりますが、生活に影響を与える存在となっているので見かけたら早急にアライグマ専門の業者に駆除依頼を行うと良いでしょう。

専門家に害虫駆除を依頼

南京虫

南京虫駆除の難しい点は、家庭用殺虫剤が効かないという点にあります。しかし、強い薬剤を使うことを躊躇する人も大勢います。そのため、駆除の専門家は強力冷却スプレーを使用して、虫の卵も成虫も死滅させる方法を用いています。

屋根裏での駆除作業

白鼻芯

ハクビシンは塀や電柱などから屋根裏に入り込みます。屋根裏でハクビシン駆除をおこなうことは個人では困難なので、多くの場合は害獣駆除業者がおこなっています。爆竹や煙で屋根裏から追い出し、出入り口を塞ぐのです。また、排泄物が残っていることが多いので、その処理や排泄物に寄ってきた害虫の駆除もおこなわれます。