男女

ベランダに巣をつくる鳩を駆除しよう|対策が二次被害を防ぐ

  1. ホーム
  2. 専門家に害虫駆除を依頼

専門家に害虫駆除を依頼

南京虫

薬剤散布を抑えた方法

最近、南京虫による被害が増えています。その原因の一つが海外からの持ち込みです。かつては東南アジア地域から荷物に混ざって入ってきましたが、今は先進国地域にも蔓延しています。南京虫は、1度家に住み着かれると非常に厄介です。南京虫駆除は家庭用殺虫剤では難しいのです。しかし、家の中に強い薬剤を散布することには、多くの人が躊躇します。そこで、今人気が高まっているのが、プロによる薬剤散布を抑えた南京虫駆除方法です。南京虫の隠れて居そうな場所に、強力冷却スプレーを吹き付けて、成虫も卵も死滅させる方法です。薬剤散布は壁の隙間などの細かい場所だけに行います。薬剤散布を少なくしているので、小さい子供のいる家庭でも安心です。

卵の孵化時期に要注意

南京虫駆除の難しさは、薬剤では卵を殺せないという点にあります。強力冷却スプレーを噴霧すれば卵も死滅しますが、噴霧を免れた場所に卵が残っていたら、再び繁殖を繰り返します。冷却スプレーや薬剤を散布した後でも、新たな虫の発生がないかは、詳しく観察しておくべきです。南京虫駆除の専門業者では、駆除の後のアフターサービスを行っている所もあります。駆除後の30日間は保証期間内として、その間に再び虫の発生があれば、無料で駆除してくれます。駆除の業者を選ぶ場合は、その辺の保証が受けられるかを確認しておくことです。専門家に駆除を依頼するのは費用も掛かりますが、南京虫の継続した被害から短期間で解放されることになります。